ボディピアスいっぱい娘☆不思議な事や珍しい事や物が大好きな私が普段気になっていてもナカナカ知れない事、人体改造・音楽の情報・奇怪な面白いニュース等をご紹介していきます。


by black_mermaid

日常的に性交の快感が続く ”持続性性喚起症候群”とは

~今週金曜に刊行された医学論文誌によれば、近年、女性の間で、性的快感が日常的に持続するという新たな症状が報告され、本格的な研究が開始されるとのこと。発表を行った英王立医学協会医師のデヴィッド・ゴールドメイヤー博士によれば、この症状はよく知られる冷感症(不感症)とはまるで対照的に、性的興奮が全くない状況にも関わらず、性的な快感が持続するというもので、持続性性喚起症候群(persistent sexual arousal syndrome / 以下PSAS)と呼ばれるという。PSASは、特に女性が長期的に性欲を欠いた状態が続いた際に発症しやすいと、博士は論文で記している。
=中略=
「今のところ治療方法はありません。でも最近は人前で(オルガスムに達した事を)隠すのは上手くなりました。これまでで一番恥ずかしかった経験は、去年、スーパーマーケットで店員の男性と話しをしていた時のことです。彼と話をしているとき、突然、私は快感を感じ始めたので、彼からそれとなく離れようとしたんです。しかし、彼がなかなか私から離れようとしないんですね。そして結局、彼の目の前でイッてしまいまったんです。その時は彼の顔を見ることが出来ませんでした。」~

記事の全文はコチラ

この病気の人って実際にHしてる時ってどうなんだろう。
何も無い時に感じているのと同じように感じるんだろうか。。。
女という生き物は(男性の事は分からないけど)心で感じるっていう要素が大半だからこういう病気的なものが起こるのかな?
最後のエピソード、すごいよね。
まさか突然昇天してしまうなんて思わないものね。
日本にもこういう人いるのかなぁ?
もしかしたらウィルポートにもいるかもしれないよね。
意外と世間ってせまいもの。
逝けない人と逝きすぎる人、どちらかにしかなれないとしたら貴方ならどっちを選ぶ?
[PR]
by black_mermaid | 2006-03-24 18:35 | オカルト系ニュースのアソコ