ボディピアスいっぱい娘☆不思議な事や珍しい事や物が大好きな私が普段気になっていてもナカナカ知れない事、人体改造・音楽の情報・奇怪な面白いニュース等をご紹介していきます。


by black_mermaid
~オーストリアの男性が屋根の上で作業していたところ足をすべらせ、誤って釘打ち銃で自分のキンタマを屋根に打ち付けてしまった。この男性はイェンナースドルフ在住のアウグスト・フェーグルさん(59)。彼は圧縮空気式の釘打ち銃で約10cmのクギを自分の左のキンタマに撃ちこみ、クギを抜くことも、屋根から離れることもできなくなってしまった。連絡をうけた救急隊がフェーグルさんを無事屋根から引きはがし、近くの病院まで空輸した。フェーグルさんの手術後の経過は良好だという。~

記事はコチラ

男性ならだれしも“うぅ”って思いそうなニュース。
想像するだけで恐ろしいです。
私はいつも寝る前にウィルポートをチェックして寝落ちしてしまったりするんだけど
今回はきっと落ちる前にこの想像をしてしまいそうな予感。。。
足すべらせて落っこちる時に打ち付けちゃったって書いてあるけど
打ち付けた後さらに滑り落ちたらモノがちぎれちゃう!
それを免れただけでも良かったですね( ̄∀ ̄*)
[PR]
# by black_mermaid | 2006-10-20 03:39 | オカルト系ニュースのアソコ
~自分の息子と共謀して4回に渡って誘拐事件をでっち上げ、別れた夫から合計100万ユーロ(約1億5000万円)以上の身代金を騙し取ったスペイン人女性が逮捕された。エル・ムンド紙が木曜日に報じた。
スペイン南部・セビリア警察によると、この女性の他に共犯者とみられる5名も逮捕したという。女性は息子が誘拐されたかのように振る舞い、離婚した夫(息子の父親)に身代金を要求した。この計画には15歳の息子も協力、自ら父親に電話を掛けて身代金の支払いを懇願していた。
この父親は3回目まで偽装誘拐であることや、別れた妻が共犯者であることに気づかなかった。4回目には疑いを抱き、私立探偵を雇って調べさせたところ真相が分かったという。~

記事はコチラ

息子にまでそんな事をさせるなんて・・・なんだこの女。
汚いたつだ。
っていうか元ダンナもアホ丸出し。
4回目に疑いを抱き、って遅いよね??
そして驚くのは15歳の子の演技力。
肉親ですら気付かないほどの演技力っていう所がすごい。
きっとウィルポートでこのニュース教えてあげたら
みんな、気になるのはソコだろうな!
[PR]
# by black_mermaid | 2006-10-19 17:34 | その他のニュースのアソコ
グーフィーがミニーマウスを舞台裏でパコパコ…ディズニーランド関係者が撮影した動画が流出(動画あり)

~好色なグーフィーがミニーマウスといちゃつく…明らかにファミリー向けでないこんなビデオが出回っている。着ぐるみのキャラクターたちがセックスの真似をする卑猥な動画がディズニーランド・パリで撮影され、インターネットに出回っているのだ。このふざけた動画ではミッキー・マウスがスノーマンに抱きつくというゲイ・シーンも見られる。舞台裏でのこのばか騒ぎの後、それぞれのキャラクターはいつもの出し物を多くの子供の前で演じに出て行く。~

記事はこちら

ウィルポートの友達から動画のリンクが貼ってあるぞ、
というメッセージが!!
内容は昨日書いたものと同じだったのであまり触れないけど
動画のリンクが貼ってあるなんてさすが「fukublog」!!
御陰様でみれました。ミニーの中の人の声も聞こえますね!笑い声とか。
キチンと中に入れる人は厳選するべきですね。
もししているとしたら甘いよね。
これはディズニーのミスです、ああいう人を雇ったというミス。
一度現実を見てしまったら生涯忘れることは無いでしょう。
ワタシの夢をかえせ~~~★
[PR]
# by black_mermaid | 2006-10-18 19:31 | エンタメ系ニュースのアソコ
~ディズニーランド・パリで働く従業員らが、キャラクターの着ぐるみ姿でセックスしているかのような行動をしている姿がビデオ撮影され、ネット上で公開されてしまった問題について木曜日、ウォルト・ディズニー社が「従業員に対して適切な処分と下した」と発表した。
この映像は同テーマパーク内にある従業員専用の更衣室に仕掛けられた隠しカメラで撮影されたものと考えられている。ビデオには数名の従業員が映っているが、解雇したかについては発表されていない。
ウォルト・ディズニー社は声明で「このビデオについては弁明の余地もなく、決して許されることではない」とした上で、「撮影場所は一般の来園客が入ることができない場所であり、この従業員らに適切な処分を下した」と発表している。
ビデオには「グーフィー」や「スノーマン」に後ろから抱きつかれ、その手を振り払って逃げようとするミニーマウスの姿が映っている。そしてついにはミッキーマウスが登場し「グーフィー」たちディズニーキャラクターとセックスしているかのように振る舞い、笑いながらふざけ合っているという。
問題となっている映像は、ネット上で「Mouse Orgy(ネズミの乱交)」と呼ばれているそうだ。~

記事はこちら

私もみたぁい!!
という事でググっては見たが見つからず。。。
YouTubeならあるだろうと探してみたが見つからず。。。
私の力不足の為?!みなさんに実物をお伝えできませんね~。
まぁ、あってもすぐに抹消されることでしょうけど。
誰か、ウィルポートのマニア仲間が映像を仕入れて保存でもしていてくれたら面白いのだが。
[PR]
# by black_mermaid | 2006-10-17 14:21 | オカルト系ニュースのアソコ
~北米のテーマパーク(遊園地)チェーン「シックスフラッグズ」(本社ニューヨーク)は「ゴキブリ早食い競争」の世界記録を作るイベントを行うが、これに動物愛護団体PETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)が中止を要請している。
シックスフラッグズはハロウィーンシーズンの宣伝の一環として生きたマダガスカルヒッシングコックローチを食べれば、無料入場券やア
トラクションに並ばずに乗れる特権をプレゼントするコンテストを行う。
PETAによると、このコンテストと宣伝キャンペーン全体に反対する電話が殺到しているという。中にはシックスフラッグズの社員からの電話もあったという。
PETAの広報は「昆虫が、根拠のないPR戦術のために生きたまま食べられて良いわけはありません」とロイターに語った。
ゴキブリの早食い世界記録を目指すコンテストはイリノイ州ガーニーのシックスフラッグズで開催される。世界記録を打ち立てた人には、列に並ばずアトラクションを利用できるVIP年間無料パス4人分がもらえる。
現在の記録は、2001年に英国ダービーシャーのケン・エドワード氏がつくった1分間にマダガスカルヒッシングコックローチ36匹。
シックスフラッグズの広報によると、同社に寄せられる苦情は、コンテストが30ある施設のうち12カ所でしか行われないことに関するものばかりだという。
同広報によると、マダガスカルヒッシングコックローチは清潔な環境で飼育されたもので、食用としても安全で、海老やロブスターのように栄養価が高いという。
マダガスカルヒッシングコックローチは4~8センチ近くに成長する大きくて羽根のないゴキブリだ。
一度でも食べたことがある人は誰も文句を言わないという。
「ちょっと恐くて気持ち悪いハロウィーンのお楽しみなのです。お化け屋敷やスリルのある乗り物と似たようなものですよ」~


記事はこちら

動物愛護団体ってゴキブリも愛護してるんだね。
私はさ、食べるんならいいぢゃんって思うけど。無駄にして捨てるんなら怒られるのもわかるけど
動物愛護団体の人たちは何を食って生きてるんだろう。
仮に野菜しか食べていないとしても、生きていることには変わりないんだから。。。
なんかさ、動物愛護団体ってこわいわ~~。
毛皮とかも文句いうし。。ウィルポートのブログとか下手な事書けないよね。
もしかしたら身近に動物愛護団体の人がいるかもしれないし!!
[PR]
# by black_mermaid | 2006-10-17 14:14 | オカルト系ニュースのアソコ
~そろそろ肌寒くなってきて、晩ごはんにも温かいものがうれしい季節となってきた。私はクリームシチューが大好きで、外食のみならず家でも秋冬にかけてよくつくるのだが、以前から疑問に思っていたことが……。ビーフシチューとクリームシチューは、たいていスーパーでも横に並べて売られていることが多いが、どっちがよく売れているのだろうか? そこで、「ハウスシチュ~♪」でおなじみのシチューのトップメーカーであるハウス食品株式会社さんに聞いてみた。
同社の広報担当者によると、「市場全体の割合で言うと、クリームシチュー:ビーフシチュー=5:1くらいの割合になります」とのこと。
えぇ~! そんなにクリームシチューの方が好まれているんですか! クリームシチューが「やや優勢」くらいかな? と予想していたのでこの結果はかなり意外。差し支えなければ、その理由なんかも教えていただけないでしょうか?
「ビーフシチューは明治時代に洋食メニューとして登場しました。牛肉=高級感・本格感というイメージがありそのまま“ごちそうメニュー”として定着した感があります。一方、クリームシチューは戦後の学校給食に“白いシチュー”として登場した記録が残っています。おもにビーフ=牛肉、クリーム=鶏肉・豚肉、ということもありクリームの方が材料費が安く上がり、手軽につくれるイメージをもたれていることも考えられます。また、クリームの方が具材のバリエーションが豊富なことから使いやすいということもあるようです」~


記事全文はこちら

これ、すっごい気になってた!!!
ついこの間、夜ご飯をクリームシチューにするかビーフシチューにするか恋人とモメたんです。
まぁ、モメたっていうレヴェルぢゃないんですけど。
結局両方作ってもらって二人とも満足に終わったんですが、私としては断然ビーフ派なの!
でもこの結果を見るとクリームの圧勝。。。
あれ??あれ???って感じだった。
なんだか納得いかないのでこれはウィルポートでも独自で調査するしかない☆
[PR]
# by black_mermaid | 2006-10-13 16:35 | その他のニュースのアソコ
~これまでも「うんち香水」はじめ、数々のうんちグッズなどをご紹介してきた株式会社アイコから、この秋、画期的なジョークグッズが発売されると聞いた。
その名も「おならくん」。おならの遠隔操作をするグッズだが、問い合わせてみると「まだ最終調整中なんですよ(苦笑)」とのこと。
その声のトーンからは、相当のご苦労が伺えるが、果たしておならにそこまでする必要があるのか。営業部長の増澤さんに話を聞いた。
「もともと『Farting Device』というリモコンのおならグッズはあったんですよ。コードがあるとバレちゃうから、コードなしにしたかったんだけど、当初はまだムリで。1980円で売ったところ、輸出は売れたけど、日本ではあんまり売れなかったんですよね(苦笑)」
このおならの音源は、「FART The Tape」という、同じくアイコから以前出たおならテープだが、これも「売れなかった」そうで、「テープをわざわざ鳴らして、おならを聞く必要性はないですしね(苦笑)」ということだった。
そんな数々のおならでの失敗に、「やっぱりコードがあるのはダメだろ」と、どうにも心残りだった増澤さん。「どうしても作りたい!」とこだわり抜いたのが、「ワイヤレスのおなら」、つまり「おならくん」だと言う。
「ただし、金型を作らなきゃいけないので、どうしてもコストが高くなっちゃうんです。通常ですと、3000円ぐらいかかっちゃうんだけど、おならに3000円も払いたくないでしょう? そこで、ICチップを大量につくることで、コストダウンにこぎつけました」力の甲斐あって、定価は1280円と半額以下。
また、このICチップ、今はおなら音が入っているが、将来的に犬やネコの鳴き声などにも対応できるようにしているのだとか。ネコや犬の声がどこかから聞こえ、「アレ? 飼ってるの?」なんて騙せたら、確かに面白そうである。~


記事全文はこちら

無駄なものってほしくなるものですよね。。。
え?!いらない???
うん、確かにそうなんですけどイタズラ大好きな私としてはなんだか気になるところ。
私みたいな人がいるからこういう商品を売るのでしょうね。
きっとウィルポートの友達もこういう無駄なもの、ほしがりそう。
意味の無いものに苦悩する人って貴重です!!
[PR]
# by black_mermaid | 2006-10-12 11:48 | その他のニュースのアソコ
~雷が口から入って体を通り抜けた女性が、肛門に重い火傷を負った。
 ナターシャ・ティマロビッチさん(27)は自宅で歯を磨いていたところ、自宅に雷が落ちた。
 「雷が落ちた時、私はちょうど蛇口の下に口をあて歯磨き粉をゆすごうとしていていました。」「その後のことはよく覚えていません。雷が水道管を伝わって私の口から入り、体内を通過したと後で知らされました。」「信じられないくらいの痛みが胴をかけぬけるのを感じ、その後記憶がなくなりました。」
 彼女が口と肛門の手当をうけた病院の医師は「異常な事故ですがありえないことではありません。」という。「彼女はゴム製のバスルーム用の履物を履いていたため、電気が足を通ってアースするかわりに肛門から出たのでしょう。」「電気は彼女が口を蛇口の下にもっていこうとかがんだ時体に触れていた湿ったシャワーカーテンからアースしたものと思われます。彼女がゴム製の履物を履いていなければ死んでいたでしょう」と医師は語った。~


記事はこちら

運がいいのか悪いのか?!
自分の肛門をカミナリが通った話が、こうして全世界的なニュースになるのなんて
私なら運が悪いと判断するところだが(しかも名指しぢゃん)
生きていられただけでも喜ぶべきことなんだろうな。
私はめちゃくちゃ静電気もちなので、よくわからないけど雷が落ちそうでおっかないです。
ウィルポートではまだ静電気もちサークルは無いのでそのうち作ろうと思います。
静電気持ちのみなさん、静電気のエピソード語りましょう。
っていうか面倒だから誰か静電気もちサークル作って!!入るから。
[PR]
# by black_mermaid | 2006-10-11 23:39 | オカルト系ニュースのアソコ
~米関税・国境警備局は木曜日、4.5kgのメタンフェタミン(覚醒剤)をメキシコからカリフォルニア州に持ち込もうとした疑いで、83歳の女性を逮捕したことを明らかにした。
女性は米国籍で、2人のメキシコ人と共にメキシコとの国境の町サン・シドロで月曜日に逮捕された。米関税・国境警備局のスポークスウーマン、アンジェリカ・デ・シーマさんによると、車に乗っていた83歳の米国人女性とメキシコ人女性(40)が、体にメタンフェタミンを巻き付けているのを現地警察官が発見したという。
当時、車を運転していたのは22歳のメキシコ人男性で、当局は3名全てを逮捕した。
シーマさんは「高齢の女性が麻薬密輸の疑いで逮捕されるのは珍しいことですが、これまでになかったわけではありません。海からのルートで我々が大量の麻薬押収に成功しているため、メキシコの犯罪組織が思いも付かない方法で犯行を企てるようになったのです」とコメントした。
サン・シドロはメキシコの犯罪組織にとって、米市場に麻薬を密輸するための交通要所となっている。
シーマさんによると、サン・シドロで押収された麻薬はこの一年間で少なくとも25%も増加しているという。~


記事はこちら

さっきウィルポートの人から入手したこのニュース。
超ファンキーなおばあちゃんだね。
おばあちゃんだったら見つからないとでも思ったのかしら?!
しかし、このおばあちゃんは麻薬だって知ってたのかなぁ、なんて思ったりもする。
自分のおばあちゃんが麻薬密輸の容疑で逮捕されたらビックリしちゃうよ。
外国はおそろしや~~。日本ぢゃそんな話聞かないもんね。。。
[PR]
# by black_mermaid | 2006-10-10 20:39 | オカルト系ニュースのアソコ

超可愛い!虹色のバラ☆

~欲しいものは自分で買うのが当たり前だが、自分で買うより頂いた方が断然うれしいものがある。
それは花束。
百万本のバラとは絶対言わないが、100本、いや10本、いや5本でももらったら嬉しいよなぁ……なんて考えていたところ、1本でも十分うれしいインパクト大のバラを見つけた。
虹色のバラ、「レインボーローズ・アリス」である。
驚くことになんとこのバラ、一枚一枚異なる色の花びらが重なりあって見事な虹色を作りだしているのだ。この「レインボーローズ・アリス」は2005年にオランダで開発されたもので、ヨーロッパで大人気となり昨年日本に上陸。市場に出回る数は少ないにも関わらず、現在ネット通販でも扱われるようになり瞬く間に人気商品になってしまったのだという。~
記事の続きは下のリンクへ↓

これで彼女もあなたにメロメロ!? サプライズな虹色のバラ

とっても不思議な虹色のバラ!なんだかニセモノみたいな綺麗さ。
ある意味気持ち悪くもある。
ウィルポート友達きってのお花好きの子もまだきっと知らないだろうな、コレ。
でも私はやっぱり赤いバラが好き。
でもどちらを貰っても、女はお花をもらったら嬉しいよね♪
[PR]
# by black_mermaid | 2006-10-05 19:13 | その他のニュースのアソコ