ボディピアスいっぱい娘☆不思議な事や珍しい事や物が大好きな私が普段気になっていてもナカナカ知れない事、人体改造・音楽の情報・奇怪な面白いニュース等をご紹介していきます。


by black_mermaid

カテゴリ:オカルト系ニュースのアソコ( 118 )

~オーストリアの男性が屋根の上で作業していたところ足をすべらせ、誤って釘打ち銃で自分のキンタマを屋根に打ち付けてしまった。この男性はイェンナースドルフ在住のアウグスト・フェーグルさん(59)。彼は圧縮空気式の釘打ち銃で約10cmのクギを自分の左のキンタマに撃ちこみ、クギを抜くことも、屋根から離れることもできなくなってしまった。連絡をうけた救急隊がフェーグルさんを無事屋根から引きはがし、近くの病院まで空輸した。フェーグルさんの手術後の経過は良好だという。~

記事はコチラ

男性ならだれしも“うぅ”って思いそうなニュース。
想像するだけで恐ろしいです。
私はいつも寝る前にウィルポートをチェックして寝落ちしてしまったりするんだけど
今回はきっと落ちる前にこの想像をしてしまいそうな予感。。。
足すべらせて落っこちる時に打ち付けちゃったって書いてあるけど
打ち付けた後さらに滑り落ちたらモノがちぎれちゃう!
それを免れただけでも良かったですね( ̄∀ ̄*)
[PR]
by black_mermaid | 2006-10-20 03:39 | オカルト系ニュースのアソコ
~ディズニーランド・パリで働く従業員らが、キャラクターの着ぐるみ姿でセックスしているかのような行動をしている姿がビデオ撮影され、ネット上で公開されてしまった問題について木曜日、ウォルト・ディズニー社が「従業員に対して適切な処分と下した」と発表した。
この映像は同テーマパーク内にある従業員専用の更衣室に仕掛けられた隠しカメラで撮影されたものと考えられている。ビデオには数名の従業員が映っているが、解雇したかについては発表されていない。
ウォルト・ディズニー社は声明で「このビデオについては弁明の余地もなく、決して許されることではない」とした上で、「撮影場所は一般の来園客が入ることができない場所であり、この従業員らに適切な処分を下した」と発表している。
ビデオには「グーフィー」や「スノーマン」に後ろから抱きつかれ、その手を振り払って逃げようとするミニーマウスの姿が映っている。そしてついにはミッキーマウスが登場し「グーフィー」たちディズニーキャラクターとセックスしているかのように振る舞い、笑いながらふざけ合っているという。
問題となっている映像は、ネット上で「Mouse Orgy(ネズミの乱交)」と呼ばれているそうだ。~

記事はこちら

私もみたぁい!!
という事でググっては見たが見つからず。。。
YouTubeならあるだろうと探してみたが見つからず。。。
私の力不足の為?!みなさんに実物をお伝えできませんね~。
まぁ、あってもすぐに抹消されることでしょうけど。
誰か、ウィルポートのマニア仲間が映像を仕入れて保存でもしていてくれたら面白いのだが。
[PR]
by black_mermaid | 2006-10-17 14:21 | オカルト系ニュースのアソコ
~北米のテーマパーク(遊園地)チェーン「シックスフラッグズ」(本社ニューヨーク)は「ゴキブリ早食い競争」の世界記録を作るイベントを行うが、これに動物愛護団体PETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)が中止を要請している。
シックスフラッグズはハロウィーンシーズンの宣伝の一環として生きたマダガスカルヒッシングコックローチを食べれば、無料入場券やア
トラクションに並ばずに乗れる特権をプレゼントするコンテストを行う。
PETAによると、このコンテストと宣伝キャンペーン全体に反対する電話が殺到しているという。中にはシックスフラッグズの社員からの電話もあったという。
PETAの広報は「昆虫が、根拠のないPR戦術のために生きたまま食べられて良いわけはありません」とロイターに語った。
ゴキブリの早食い世界記録を目指すコンテストはイリノイ州ガーニーのシックスフラッグズで開催される。世界記録を打ち立てた人には、列に並ばずアトラクションを利用できるVIP年間無料パス4人分がもらえる。
現在の記録は、2001年に英国ダービーシャーのケン・エドワード氏がつくった1分間にマダガスカルヒッシングコックローチ36匹。
シックスフラッグズの広報によると、同社に寄せられる苦情は、コンテストが30ある施設のうち12カ所でしか行われないことに関するものばかりだという。
同広報によると、マダガスカルヒッシングコックローチは清潔な環境で飼育されたもので、食用としても安全で、海老やロブスターのように栄養価が高いという。
マダガスカルヒッシングコックローチは4~8センチ近くに成長する大きくて羽根のないゴキブリだ。
一度でも食べたことがある人は誰も文句を言わないという。
「ちょっと恐くて気持ち悪いハロウィーンのお楽しみなのです。お化け屋敷やスリルのある乗り物と似たようなものですよ」~


記事はこちら

動物愛護団体ってゴキブリも愛護してるんだね。
私はさ、食べるんならいいぢゃんって思うけど。無駄にして捨てるんなら怒られるのもわかるけど
動物愛護団体の人たちは何を食って生きてるんだろう。
仮に野菜しか食べていないとしても、生きていることには変わりないんだから。。。
なんかさ、動物愛護団体ってこわいわ~~。
毛皮とかも文句いうし。。ウィルポートのブログとか下手な事書けないよね。
もしかしたら身近に動物愛護団体の人がいるかもしれないし!!
[PR]
by black_mermaid | 2006-10-17 14:14 | オカルト系ニュースのアソコ
~雷が口から入って体を通り抜けた女性が、肛門に重い火傷を負った。
 ナターシャ・ティマロビッチさん(27)は自宅で歯を磨いていたところ、自宅に雷が落ちた。
 「雷が落ちた時、私はちょうど蛇口の下に口をあて歯磨き粉をゆすごうとしていていました。」「その後のことはよく覚えていません。雷が水道管を伝わって私の口から入り、体内を通過したと後で知らされました。」「信じられないくらいの痛みが胴をかけぬけるのを感じ、その後記憶がなくなりました。」
 彼女が口と肛門の手当をうけた病院の医師は「異常な事故ですがありえないことではありません。」という。「彼女はゴム製のバスルーム用の履物を履いていたため、電気が足を通ってアースするかわりに肛門から出たのでしょう。」「電気は彼女が口を蛇口の下にもっていこうとかがんだ時体に触れていた湿ったシャワーカーテンからアースしたものと思われます。彼女がゴム製の履物を履いていなければ死んでいたでしょう」と医師は語った。~


記事はこちら

運がいいのか悪いのか?!
自分の肛門をカミナリが通った話が、こうして全世界的なニュースになるのなんて
私なら運が悪いと判断するところだが(しかも名指しぢゃん)
生きていられただけでも喜ぶべきことなんだろうな。
私はめちゃくちゃ静電気もちなので、よくわからないけど雷が落ちそうでおっかないです。
ウィルポートではまだ静電気もちサークルは無いのでそのうち作ろうと思います。
静電気持ちのみなさん、静電気のエピソード語りましょう。
っていうか面倒だから誰か静電気もちサークル作って!!入るから。
[PR]
by black_mermaid | 2006-10-11 23:39 | オカルト系ニュースのアソコ
~米関税・国境警備局は木曜日、4.5kgのメタンフェタミン(覚醒剤)をメキシコからカリフォルニア州に持ち込もうとした疑いで、83歳の女性を逮捕したことを明らかにした。
女性は米国籍で、2人のメキシコ人と共にメキシコとの国境の町サン・シドロで月曜日に逮捕された。米関税・国境警備局のスポークスウーマン、アンジェリカ・デ・シーマさんによると、車に乗っていた83歳の米国人女性とメキシコ人女性(40)が、体にメタンフェタミンを巻き付けているのを現地警察官が発見したという。
当時、車を運転していたのは22歳のメキシコ人男性で、当局は3名全てを逮捕した。
シーマさんは「高齢の女性が麻薬密輸の疑いで逮捕されるのは珍しいことですが、これまでになかったわけではありません。海からのルートで我々が大量の麻薬押収に成功しているため、メキシコの犯罪組織が思いも付かない方法で犯行を企てるようになったのです」とコメントした。
サン・シドロはメキシコの犯罪組織にとって、米市場に麻薬を密輸するための交通要所となっている。
シーマさんによると、サン・シドロで押収された麻薬はこの一年間で少なくとも25%も増加しているという。~


記事はこちら

さっきウィルポートの人から入手したこのニュース。
超ファンキーなおばあちゃんだね。
おばあちゃんだったら見つからないとでも思ったのかしら?!
しかし、このおばあちゃんは麻薬だって知ってたのかなぁ、なんて思ったりもする。
自分のおばあちゃんが麻薬密輸の容疑で逮捕されたらビックリしちゃうよ。
外国はおそろしや~~。日本ぢゃそんな話聞かないもんね。。。
[PR]
by black_mermaid | 2006-10-10 20:39 | オカルト系ニュースのアソコ
~1979年以来爪を伸ばし続けている米国の女性がギネスブックに載ることになった。ユタ州のリー・レッドモンドさん(65)は爪の長さが合計7.5mに達し2007年版ギネスブックへの登録の資格を得た。彼女はこの11月22日に伸ばした爪をレーザーを使って全部切る予定である。レッドモンドさんは毎日暖めたオリーブ油とネール・ハードナー(爪の硬化剤)で爪を手入れしており、夫のひげ剃りを含め毎日の仕事に特に問題はないと言っている。
 またマサチューセッツ州のアーロン・スタドハム君(16)は高さ53cmのモヒカンでギネスブックに掲載される。~

記事はコチラ

この記事に飛ぶと爪のおばさん&モヒカンの少年の写真付き記事(文は英語ですが)にリンクがあります。
おばさんはこれでも日常生活に問題が無いというのはすごい!!
私の爪もジェルネイルしていて昔から大層長いがこのおばさんに比べたら生えていないと等しい位のものだ。
それでもよくまわりの人やウィルポートの人から「なんにも出来ないでしょ??」
って言われる。
いえいえ、全然出来るんですよ。長ネギの早刻みだって洗濯だって掃除だって!!
コンタクトの取り外しもまったくもって邪魔ではないし。
だからきっとこのおばさんも慣れなんだろうなって思いますね。
それにしてもこの爪は長い。。。
モヒカンはまぁ現実的な長さかな。私が立てたら2mとかになるもんな。
[PR]
by black_mermaid | 2006-10-02 21:49 | オカルト系ニュースのアソコ
~セルビアはベオグラード在住のZoran Nikolovicさん(35)は、ハリネズミを獣姦した結果ちんこが裂けてしまい緊急手術を受けるはめになった。魔術医に早漏の相談をしたところ、ハリネズミとセックスするようアドバイスを受けたのだという。病院側は「ハリネズミには怪我はありませんでしたが、患者さんはひどい状態でした。我々はなんとか性器の修復に努めました。」という。~

記事はコチラ

魔術医、どんなアドバイスだよ。。。
それを実行しちゃうなんてアホだろ。マジで。
どんな風にさけたのか、気になっちゃう私どんだけ変態だよww
そもそも魔術医ってなんだよ~!!!
不思議がいっぱいなニュース、
きっとウィルポートで報告したらこれ以上のツッコミが入る事でしょう。
[PR]
by black_mermaid | 2006-09-28 18:27 | オカルト系ニュースのアソコ
~18カ月の赤ちゃんに水パイプでマリファナを吸引させていた母親に有罪判決が下され禁固刑5年が言い渡された。有罪はもちろんのことだが、控訴審の判決により、その刑期が短くなる可能性が出てきた。
この母親は米モンタナ州在住のジェシカ・ダーラム。赤ちゃんにマリファナを吸わせている事実に気づいた友人が激怒、決定的場面を写真に撮ったことから事件が明るみに出た。
2005年に行われた裁判では、ダーラムにマリファナの不法販売などの罪で禁固刑5年の有罪判決が言い渡されたが、彼女はこれを不服として控訴していた。
今回の法廷でルイス・ポラック裁判官は、「申し立てによると、ダーラムは自分の娘(赤ちゃん)にマリファナを吸わせて昏睡状態に陥らせ、おとなしくさせていた。それはダーラム自身がマリファナを吸い、経験したことから得た方法だった」と事件を要約した。
ところが金曜日に行われたこの裁判で、3名の陪審員が第一審の判決(有罪)を支持したものの、連邦法における同罪名の刑期は2年以下と定められているため、5年の禁固刑は不当であると判断したという。~

記事の続きはコチラ

赤ちゃんを死なせたくはなかったのかな?この母親。
しかし、すごいよね。
この赤ちゃんきっとお母さんもこんなだから不良に育って大人になってからきっとマリファナに手を出してしまいそう。
赤ちゃんの時から吸ってるからさ~~とか言ったりなんかして、それもジョークではないんだからスゴイ。
日本でもかなり普及しているけどど日本の中だとどの位の割合でマリファナやってる人いるのかなぁ?
私のウィルポート友達はそんなに多いほうぢゃないからやってる人いないだろうけど
ちょっと探せばあちこちにいるもんね。
まぁマリファナにつきましては悪い事だ!!とかの否定はしませんが。。。
[PR]
by black_mermaid | 2006-09-26 20:34 | オカルト系ニュースのアソコ
~ネパール西部のカイライ地区に住む少女が、額からガラス片とされる透明な固体を生み出している。コハルプールにあるネパールガンジ大学付属病院の医師団は9月20日、この3年間額の横からガラス片を生み続けているというサリタ・ビスタちゃん(12)について調査を始めた。
 家族によれば、サリタちゃんの額からはこの1月からこれまでに長さ4cm、幅1mmほどのガラス片130個以上が出たという。
 「CTスキャンによれば、彼女の額の皮膚に何らかの問題があるようです。」と調査に関わっているM.Kiduwai博士はいう。「『ガラス片』は骨から出ているようではありません。これ以上のことはもっと調査してみないとわかりません。」 博士はまた彼女が今後3日間「『ガラス片』の形成過程、排出過程を研究するため」医師の観察下におかれると語った。コハルプール医科大学の4人の研究者がこの研究に関わることになる。医師たちは、このケースは医学史においても初のケースだという。「頭蓋骨が異常に成長して角のようになることはあります。しかし人間の体はガラスを産出しません。不思議なケースです。」と博士は語った。医師団はネパール科学技術学会の研究者にも支援を求めるという。
 「ガラス片のようにみえるものは額の皮膚から出てくるのですが、頭蓋の中にはガラスは見つかりませんでした。」とネパールガンジ大学付属病院の副理事Jitendra Mahaseth博士はいう。博士はサリタちゃんの皮膚をネパール科学技術学会に送り詳しい調査を依頼するという。~

記事の続き&画像リンクはコチラ

これが本当の話だったら人間の体って超神秘だよね。。。
写真を見る限りではこの少女が嘘いてるっぽくないけど、世の中わからないからなぁ。
きっとウィルポートの中にもあれだけ人数がいれば他の人の出来ない事が出来ちゃう人もいるんだろうな。
なんて考えると、楽しい♪
私は特になにもない常人の中の常人だからなぁ~。。。。
特技でも欲しいわ!
[PR]
by black_mermaid | 2006-09-25 18:19 | オカルト系ニュースのアソコ
米国企業が低刺激性ネコを「開発」、遺伝子組み換えでネコアレルギーの元を抑制

~【テクノバーン】(2006/9/18 19:48)米アレルカ社が近く、世界初の低刺激性ネコを発売することが決まった。このネコ、同社のバイオサイエンス技術を駆使して遺伝子の組み換えが加えられたもので、ネコに対してアレルギーを持つ人でもアレルギーを起こすことがないとしている。同社ではブリティッシュ・ショートヘアー(写真上)に対して遺伝子組み換えの改良を加えたネコを元にブリーディング(繁殖)を進めた上で2007年から一般向けに「低刺激性」ネコの販売を開始する予定だ。
同社はペットアレルギーの原因となっているペットの体毛や皮膚、唾液などの分泌物の遺伝子を特定した上で、ネコに遺伝子組み換えなどの操作を加えることによりこれらの遺伝子を取り除いたネコを生み出すことに成功。その後は遺伝子操作で誕生した低刺激性ネコのブリーディングを進めてきた。~

記事の続き&画像はコチラ

いいんだか悪いんだか。
ここまで人間が首を突っ込んでしまって、世も末というか・・・
確かにネコが大好き!!でもアレルギーなのっていう人もいるかもしれないけどさ。
今の時代って昔に比べてアレルギー持ちの人が多いんだよね。
免疫力の低下が原因か?!
ついこの間もウィルポートのプロフィールで色んなアレルギーを持っていると言う人を見かけたな。
(そんな私もアレルギー持ちですが。。。)
遺伝子を組みかえる事でネコの免疫力が低下するとか、寿命が半分とかそういう副作用はあるのかな?
この記事には書いていないみたいだけど。。。
[PR]
by black_mermaid | 2006-09-22 18:58 | オカルト系ニュースのアソコ