ボディピアスいっぱい娘☆不思議な事や珍しい事や物が大好きな私が普段気になっていてもナカナカ知れない事、人体改造・音楽の情報・奇怪な面白いニュース等をご紹介していきます。


by black_mermaid

<   2005年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

★芸能人の整形疑惑★

芸能人整形疑惑 ~芸能人の整形事情~

↑面白い写真たくさんのってるとこ見つけました♪

あくまで疑惑であって確信はあまりないけど(ある人もいるね!)だいぶみんな顔変わってますね~。
でもキレイになるならそれで良し♪
もとが悪くても、いじってきれいになるならそれでいい気がしますね。
個性は大切だけど、ちょっとやそっといじった位じゃ消えないでしょ。
プチ整形に本格的な整形。
もし私がやるとしたらエラの骨を削りたいわ。しかし怖い。
おしえて美容大辞典の50音検索で色んな用語を調べつつ
今日も野次馬根性まるだしでブログを書いております(^ ^)V
[PR]
by black_mermaid | 2005-12-27 20:23 | エンタメ系ニュースのアソコ
~ミズーリ州ブルースプリングスで、携帯がもとで喧嘩をしていたカップルの女性が携帯を呑み込んでしまった。
 12/23の朝5時頃、ガールフレンドが呼吸困難になっているという通報を受けた警察が現場に到着すると、24歳の女性が喉に携帯を詰まらせていた。「彼が携帯を使おうとしたところ、彼女は渡そうとせずに呑み込もうとしたようです。」とスティーブ・デッカー巡査部長は語る。「実際は携帯が彼の手に渡らないように口の中に入れようとしただけのようです。」
 彼女は救急隊の手でセントメリー医療センターに運ばれた。病院側は彼女の様態について明らかにしていない。~

(Tokyo Fuku-blog)


え?!携帯って飲み込めるの?!
サイズ的に考えたら絶対に無理だと思うんだけどやっちゃう彼女ってすごいね。。。
飲み込む位なら壊せばいいのに!
後で壊れずにきれいに出てくるとでも思ったのかしら(~_~;)

ところで最近忘れていたオークションのコーナー。
買い物に歯止めをかけるべく一旦中止しようっと♪(←非常に自分勝手)
代わりにミニ情報でも(*^o^*)
こないだ、おしえて美容大辞典の事を書いたんですがね、
私、パソコンで見てたんだけどもこのおしえて美容大辞典、携帯でも見れる事が発覚!
FOMAに変えて動画もしっかり見れるようになって、こういうサイトを見るのが楽しくって仕方ないのよ。
整形とかプチ整形とかやってる人の情報って面白いわ。
やるつもり無かったけど興味が沸いてきちゃったわ・・・
[PR]
by black_mermaid | 2005-12-26 18:52 | オカルト系ニュースのアソコ
~米フロリダの病院にて、少女の顔面に出来た重さ7.2kgもの腫瘍を取り除くべく、手術が予定されているとのこと。ハイチから来たマーリー・キャセウスちゃん(写真)の症状は多骨性線維骨異形成というものである。
医師によれば、切除しない限り、マーリーちゃんは間もなく視力を失うという。
「マーリーちゃんは腫瘍に苦しんでいるのではないんです。
これは多骨性線維骨異形成と呼ばれる遺伝性障害なんです。」マイアミ・ミラー医科学校のイエズス・ゴメス氏はそう語っている。
マーリーちゃんが緊急治療の為に米国を訪れたのは今年9月である。
その時、既に腫瘍は余りにも巨大であったため、彼女は呼吸が困難な状態となり、医師により酸素吸入チューブが挿入されたという。~

記事はコチラ《写真有》(X51.ORG)

私写真も見たんだけど、こんな風になっちゃうんだなって。
町を歩く時にみんなに避けて通られるって。
確かにヒドイ大きな腫瘍。。。
おしえて美容大辞典にもみんなの悩みが載っていて
自分の鼻がきらい!とか色んな意見があるけど、それってこの子にしてみれば
なんて贅沢な悩みなんだろうって思うだろうな。
整形プチ整形は恵まれている人がやる事。
良い服を着たいとかと同じ次元だから。
人の欲望はエスカレートするのです。
整形反対はしないけど、お金の使い道を自分の好きなようにするのは当たり前の事だけど
世の中にはこういう事情もあるんだって事、知っていて損はないよね。
[PR]
by black_mermaid | 2005-12-22 17:51 | オカルト系ニュースのアソコ
~米MTVの人気番組「I Want A Famous Face」にてマイケルという名の男性(写真)が全身整形手術でジェニファー・ロペズもどきに変身したとのこと。同番組ではこれまでも不細工な双子の兄弟を無理矢理ブラッド・ピットに変身させるというように、本来ならば数百万円はかかる大胆な整形手術などを施して話題を呼んでいる。しかし、今回の出演者マイケル・J・ティトー氏(23)はジェニファー・ロペズになりたい、として整形のみならず性転換を決行。ホルモン投与、アゴと額の整形を受け、更に豊胸、豊尻手術を受けたのである。(同番組の視聴者オンライン投票では今回の手術は「お似合い」という結果が出ている。)また更にマイケルは名前をジェシカと改名し、本人も結果には概ね満足しているものの、誰一人として自分のことをジェニファー・ロペズと間違えてくれない、と嘆いている。

「でも私の身内は皆会うたびにジェニファーっぽいわね、って言ってくれるわ、、。私は彼女の大ファンなの。彼女を愛しているの。本当に彼女は美しいと思うわ。私ももうちょっとおっぱいが大きかったらいいんだけどね、、。」また現在米国ではこうしたメイクオーバーショー(変身、整形番組)を初めとした視聴者参加型のリアリティーショー型番組が流行しており、他にも16人の「醜いアヒルの子(不細工な参加者)」が手術を受けてその結果を競い合うThe Swanなどが話題を呼んでいる。~

記事はコチラ(X51.ORG)

すごいよね。。。個性を主張する時代にキターーーって感じの米の番組。
記事のリンクに飛ぶと映像とかも見れます。
真似する事も個性になるんだよね、これを見ると。
整形はこういうやり方もあるんだなと。。。

最近よく耳にするプチ整形
やってみたいって人も結構多いんぢゃないかな??
そういう人はココ→「おしえて美容大辞典」←をみると面白いかも!!
いつもの如くネットをサーフィンしてたら発見!!
リアルな整形情報とか体験者のお話とか書いてあって面白いのよ♪
もう整形はすごく身近なものになってるから
顔とか変えたい人にはいい流れになってるよね。
[PR]
by black_mermaid | 2005-12-21 20:54 | オカルト系ニュースのアソコ
~サヴァン ― 賢者、知識人、或いは天才といった知的な意味を持つこの言葉が、奇妙な症候群の名として、初めて報告されたのは1887年のことである。
命名者のJ.ランドン・ダウン博士は、その報告の中で、かの膨大な「ローマ帝国衰亡史(エドワード・ギボン)」を一字一句違わずに諳んじ、更には全く逆から読んで見せる常軌を逸した記憶力を持つ男の話を、驚きと共に記している。

そしてダウン博士は、これらの人々 ― 特に子供に多い事を博士は指摘している ― が、ある部分において常人には及びがたい才能を発揮しながら、一方で、共通して何らかの精神的、知的障害を抱えていたことから、こうした特徴を持つ希有な人々を、「イディオ・サヴァン(=白痴の天才)」と呼んだのである。
そして現在でも、一般に「サヴァン※」と呼ばれる人々は、自閉症や、発達遅延といった何らかの障害を抱えているにも関わらず、同時にある特定の分野 ― 例えば音楽、芸術、数学 ― において、まるで常人の理解を超えた驚異的才能を示すことで知られている。~

記事全文はコチラ(X51.org)


この類のお話は何度か聞いたことあるけど、この記事を全部読んでより詳しく知ることができた。
私もこんな風に生まれたかったなんていえば反感を買うかもしれないけど、
人が出来ることなんて出来なくてもいい。人が出来ない事をやりたいの。
一般的に生きる事なんてF××K。
しかし、現状では一般の波に乗らなければいけないという矛盾。

とりあえず、ここに載せたのは記事の一部なので読んでみてください。
とっても興味深いです。人間の脳みそってすげー!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今日のオークションのコーナー

ナニが欲しいか考えてみた。
結果、お腹を出していても塗るとお腹が冷えないっていうクリームみたいなのが欲しくなった。
ちょっと前に聞いたことある。
たまにお腹出すの着たりするけど、夏でも冷える。
なぜなら脂肪だからさ。
ガルオクで検索してみようとも思うけれど
なんて検索したらいいの??
「腹冷えない」とか??腹巻とかHITしそう。。。
[PR]
by black_mermaid | 2005-12-20 19:13 | オカルト系ニュースのアソコ
~ニューヨーク・ブロンクスのアパートで火災が起こり、生後一ヶ月の赤ちゃんが3階から母親の手によって投げ出されたが、地上で待ち構えて居た人によって無事にキャッチされたという奇跡的な感動シーンがカメラにおさめられ、大きな反響を呼んでいる。

赤ちゃんをキャッチしたのはビルの管理人をしている男性でフェリックス・バスケスさん(39)だったが、幸運なことにフェリックスさんは会社の野球チームでキャッチャーを長年努めている経験が生かされた。

当時ビル内は火災で煙が立ち込めていて、パニック状態になった母親(30)が「この子を助けて!この子を助けて!」と窓際で叫び、生後一週間の赤ちゃんを階下で待ち構える人たちに向かって投げたのだった。

赤ちゃんはフェリックスさんが無事キャッチしたが、実はそのとき赤ちゃんは呼吸をしていなかったという。フェリックスさんは「赤ちゃんが呼吸をせず、泣いてもいなかったので、あわててマウストゥマウスで呼吸しました。無我夢中で、無意識で人工呼吸をしたといった感じです。すると赤ちゃんが泣き始め、ほっとしました。」

到着した消防隊員によって母親は救出され、赤ちゃんと一緒に病院で手当てを受けた。この様子はテレビで全国的に放送され、大反響を呼び、フェリックスさんは一躍ヒーローとなり、ニューヨーク市長によって表彰され、テレビにも数多く出演して当時の様子を物語っている。

赤ちゃんは火災の煙により軽い気道熱傷にかかったが、現在は元気で、フェリックスさんと一緒にテレビ番組のインタビューを受けている間も、すやすやと眠っていた。~

実際の映像

記事はコチラ(ABC振興会)

これすごくない?!
投げた方も受けたほうもすごいプレッシャーだっただろうなって。
人の命を守る事はそんなに容易ではないけど、人を守ろうとする力ってすごいですね。
良かったね、ほんとに!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今日のオークションのコーナー

朝から今日はガルオク三昧!
これといって用はないけど暇なんだよなぁ。。。
↑ぢゃあ買い物とか行けよって話?!
だってお外に出たくないんだもーん。寒いから。。。
[PR]
by black_mermaid | 2005-12-19 17:28 | その他のニュースのアソコ
~[ベルリン 14日 ロイター] ドイツの女性(44)が、自称占い師の少女(17)から悪霊に取り憑かれていると思いこまされ、解決法として、高価な悪霊祓いを行ってもらい、約5000ユーロ(約70万円)を支払わされた。当局が13日、明らかにした。
ドイツ中部ノルトハイムの警察によると、被害者はクリスマスの買い物をしている時に、この少女から手相を読んでもらい、悪霊に取り憑かれていると言われた。
被害者は、悪霊を祓わなければならない、と説得され、翌日で自宅でその儀式を行い、現金と宝石類で5000ユーロ以上を支払った。
この少女はさらに、別の悪霊が取り憑いており、さらに除霊しなければならない、と迫った。
警察は「ここに来て被害者はようやく疑いを抱きました。そして警察に通報したのです」とコメント。
警察は旧ユーゴスラビアからやってきた少女を逮捕した。奪われた金と宝石類は被害者に返還された。~

記事はコチラ(エキサイト)

このニセっていうのと本物とは誰が判断するのだろう。
本当なんですって言い張れば本当になってしまうくらい曖昧なものでしょ、悪魔払いって。
本当だったとしてもやられた側が偽者よ!!って言えば偽者になっちゃうし。
この少女もさ、味方するわけぢゃないけど、「まだ、別の悪霊がついてる。」なんて
欲をかいたからいけないんだよね。
17歳の若さが出たか?!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今日のオークションのコーナー

アメリカでもガルオクやってる人っているのかなぁ。
あれは日本だけのサイトかしら??
まぁ、出品が日本だから送料だけでも馬鹿にならないよね。
いえいえ、ちょっと気になっただけなんですけどね!
[PR]
by black_mermaid | 2005-12-16 19:50 | オカルト系ニュースのアソコ
~「巨デブさん激やせコンテスト番組の結果は凄い!」で紹介した米人気テレビ番組で、最終ステージまで勝ち残った3人のうち、2人の男女が真剣交際をしていることが明らかになった。ふたりの減量体重は、合わせて110キロになる。

優勝したマットさん(29)は恋人となった準優勝者のスージーさんについて「彼女はすばらしい」と語る。スージーさんは番組出演前は103キロで、マットさんは154キロだった。「私は彼が一番酷い時の状態を見ているから。彼も私の酷いときを知っているの。汗だくになったり、おならをしているところとかね」番組は出場者が大きな豪邸で合宿生活をしながらダイエットに励むものだった。
83キロで優勝者となったマットさんは25万ドル(3000万円)の賞金を手にし、スージーさんは59キロで2万5千ドル(300万円)の賞金をゲットした。
「僕らはよく似ているよ。太って醜かったころに比べてまったく人生が変わってしまった。そのときの苦労もしっているし、健康で幸せな今の状態もわかっているんだ」とマットさん。現在長距離恋愛中だが、ヘアスタイリストをするスージーさんがマットさんの住むオハイオへ引っ越す予定だという。
確かスージーさんのダイエットもモチベーションは「素敵な王子様と出会うこと(彼氏ができること)」だったと思うので、ま、よかったんじゃないでしょうか?
マットさんのあごを見ていると、なんだかすぐにリバウンドしそうな気も…。がんばれぇ。 ~

記事はコチラ写真有(ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会)


この記事もヤジウマーとしては興味深いんだけども、この記事からリンクで飛べるようになっている、
「巨デブさん激やせコンテスト番組の結果は凄い!」ってところの激痩せ変貌振りがもっとすごいの。

凄すぎるから写真載せてみた。女の人もすごいのでABCのリンクから飛んで見てみて!!
感動した。よくやったよって思うけどさ、元をただせば自分のせいぢゃん!
太ってるのは悪い事でもなんでもないと思うの。(体には悪いかもしれないけど・・・)
ただ、自分的に太ってるのが嫌だっていうのなら、自制心はないのかと問いたいところです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今日のオークションのコーナー

そろそろ来るだろうなぁって思っていたんだけど遂に風邪をひきました。
下向いていると鼻水が滴ります。いつもより重力というものを強く感じるのですが、
風邪中はいつもよりPCいじりやガルオク頻度が非常に高いです。
外に出られない時でもこうしてショッピングできるなんて最高に楽しぃわ♪
[PR]
by black_mermaid | 2005-12-15 07:15 | エンタメ系ニュースのアソコ
~セミファイナルのSフェザー級8回戦で前代未聞の珍事が起こった。
小口雅之(28)=草加有沢=が着用していたカツラが試合途中にずれまくり、リング上で思わぬ“カミングアウト”。
5回からカツラを外し、邪念も消えた小口は怒とうの猛ラッシュし、力強い連打で柴田を追い込み、見事7回TKO勝ちを飾った。
“異変”は3回途中から。
頭頂部を覆う形のカツラが、相手のパンチをもらうたびにフワリ、フワリと浮き上がる。
リング上のかつてない光景を“聖地”のファンはかたずをのんで見守った。
4回には一層、ずれ具合が顕著となり、ついに4回終了後にトレーナーがカツラを取り外した。一瞬の間を置き、会場から「その方がかっこいいぞ」との声援が飛び交った。
 小口は普段は丸刈りで、カツラを着用したのはこの試合が初めて。
「3ラウンドあたりから浮き出して落ち着かなかった。次はもうつけません」と恥ずかしそうに苦笑い。日本ボクシングコミッションは、リング上ではシューズ、トランクス、ノー・ファウル・カップ以外の着用は認めていないが、今回は「悪意のないもの」と判断し“特例”として認められた。 ~

記事はコチラ(試合後の写真有)

いやぁぁ。。。
この臨場感のある記事の書き方、面白いね♪
異変って(>へ<)ウーーーオモシロイ
カツラを取り外したのがトレーナーだって所も。
姉歯秀次元1級建築士も証人喚問の時とかにカミングアウトすればいいのにね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今日のオークションのコーナー

ドライヤーをヤフオクで買ったんだけどガルオクのが安かったかなぁ。
買ったものって早く使いたくなるよね。
早くお風呂に入って早く使いたいわ~~(≧∇≦)
[PR]
by black_mermaid | 2005-12-14 19:57 | エンタメ系ニュースのアソコ
~「目には目を」の復讐の掟どおり、サウジアラビアの裁判所が、他人を失明させた罪に問われたインド人出稼ぎ労働者に「目玉くり抜き刑」を言い渡した。国際人権監視団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」(HRW)はこの残虐な刑の執行を中止できるのはアブドラ国王(写真)だけであるとして、寛大な措置を取るよう呼びかけている。

 刑を言い渡されているのは、1995年にサウジに出稼ぎに来たインド人男性。2003年、ガソリン・スタンドで働いていた際にサウジ人男性の客と支払いをめぐって喧嘩となり、客はこのときのけがが元で失明したという。インド人男性は失明させたことを否認し、暴力も自分の身が危険にさらされたための正当防衛だったと主張したが、裁判所は耳を貸さなかった。被害者のサウジ人は損害賠償金の支払いによる和解も拒んでおり、このままではインド人男性は目をくり抜かれてしまう。

 ただ、サウジ王家には慈悲のしるしとしてラマダン(断食月)の期間中、刑の執行停止を命じる権限があり、HRWは行動を起こすようアブドラ国王に要請した。

 サウジは1997年に拷問禁止の条約に加盟しているが、HRWによれば、サウジの裁判所は過去1年間で3件の「目玉くり抜き刑」を出している。また、サウジの法律は手足の切断やムチ打ちの刑も認めている。〔AFP=時事〕~

記事はコチラ(ライブドアニュース・写真有)

うーん。
目玉くり抜きの刑ってこわいね。
事の発端を知らずに意見するのはどうかなとも思うけど、私はこの目には目をっていう
やりかたって悪くはないと思うんだよね。
たまに殺人事件や虐待のニュースを見ていて同じ事やってやれ!!とか思う事あるもん。
でもさ、それじゃぁ何も終わらなくて始まらないんだよね、よく考えると。

私の尊敬する人が言ってたのは死刑にする位なら海外に飛ばして地雷撤去隊にすればいいって。
鎖かなにかにつないでね。
命の尊さも、いつ死ぬかもしくは足がなくなったりするかもわからない恐怖でわかるんぢゃないかな。
しかも人の為になる。

うん。重犯罪者たち、みんな地雷を撤去してきてください。
罪も無い人間の足を奪う位なら罪のある人間の足を奪えばいい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今日のオークションのコーナー

クリスマスの時期、みんなはどうお過ごしかしら。
私は師走をもろに感じてます。
そして、最近ガルオクのみならず色んなお買い物をネットやらなにやらで
しまくってます。
今英語のオベンキョをしてるんだけど無駄に本や辞書も買いまくって、上着も買って。。。
ドライヤーも買って、日々家に物が届く始末。
もういつナニが送れてくるのかも分からず。
節約しないと危ないよ!知らないよ!計画的にやってください。自分。
[PR]
by black_mermaid | 2005-12-13 07:20 | オカルト系ニュースのアソコ