ボディピアスいっぱい娘☆不思議な事や珍しい事や物が大好きな私が普段気になっていてもナカナカ知れない事、人体改造・音楽の情報・奇怪な面白いニュース等をご紹介していきます。


by black_mermaid

<   2006年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧

~テーブルのごちそうは食べ放題で有名なラスヴェガスでさえ、こんなビュッフェはいまだかつて誰も目にしたことがなかった。
152メートルもの長さで迷路のように並べられたテーブルの上には、40種類のスープ、100種類のサラダ、150種類ものデザートが並べられたのだ。
料理の種類は合計510で、このビュッフェは28日、「世界最大のビュッフェ」としてギネスブックに認定された。
疲れて空腹になったギネスの職員、ネイディン・コージー氏は「さてデザートをいくつか試食してみようかしら」と語った。
彼女は「ラスヴェガス・ヒルトン」のジョージ・バージセン料理長が、最低でも500種類以上の料理を作り、世界記録を達成するのを認定するためにロンドンから飛行機でやってきたのだ。
同料理長は24時間ぶっ続けで、この巨大ビュッフェの料理を作った。
料理には、12種類のエスニック料理も含まれており、「サーモン・ウェリントン(鮭のパイ包み)」から「ワニ肉の唐揚げ」、「パンプキンパイ」から「バクラバ(ギリシャのくるみを使った菓子)」、「ピスタチオ・トリフ」などが作られた。
シアトルからやってきた観光客のマリアン・ルイスさんは「街にいたので、ちょっと立ち寄るのも楽しいかと思って」と語り、プレートに「リヨン風ポテト」「チキンのカレー風味」「ウォルドーフ・サラダ(セロリと賽の目に切ったリンゴとクルミをマヨネーズで合えたもの)」「ガスパーチョ(冷たい夏野菜のスペイン風スープ」「アップルパイ」などを満載してテーブルに向かった。
1人7ドル50セント(約900円)の料金から上がる収益は、飢餓救済慈善団体「America's Second Harvest」に寄付される。~

記事全文はコチラ

私の大好きなビュッフェ!!
食べ放題という言葉に弱いのと、色々少しづつ食べたいという心理。
どっちもクリアしてますね。美味しければ最高です☆
そんなフードファイターばりによく食べる私でも全種類は食べられない、このビュッフェ!
行きたいけどこの日限定なのかしら。
しかも7.50$で食べられるんだもんね。
あっ、でも収益は寄付って書いてあるから期間限定みたいだ。。。残念。。。
日本でもこういうのやってください!誰か!!!
そしたらきっとSNS、ウィルポートやなにかで情報が入るはず☆
ジョージ・バージセン料理長、飛行機ついでに日本でもやって下さい。
[PR]
by black_mermaid | 2006-03-31 17:56 | その他のニュースのアソコ
~常に日本のオタク文化をリードし続けるご存知・秋葉原。もはや日本だけでなく“世界のアキバ”となったこの街では、様々な珍商品が話題になる事もしばしば。
今やアキバの定番となった「おでん缶」はあまりにも有名な商品です。しかし、そんなアキバにおいて“とある”商品が密かに話題になっているとか。その名も「仕込竹箒」。
早速、こちらの商品を販売する『武装商店』さんにお話を伺ってみました。
昨年7月にオープンしたこちらの『武装商店』さんは、なんと武器専門店。模造刀剣を始めとする武器や武器を模したもの、武器らしきもの、防具、防具になりそうなものなどを取り扱う男の誰もがワクワクするお店です。
そこはまるでRPGの世界観。ゲームで育った世代にはたまりませんね。
そんな『武装商店』さんで話題となっているのが、先述の「仕込竹箒」。
よく時代劇などで仕込み杖なる“一見は杖、柄を抜けば刀”という武器が出てきたりしますが、その箒バージョンと言えばわかりやすいでしょう。見た目は箒、しかし柄を抜くと模造刀が出てくるという画期的なアイテムです。もちろん普通の箒として使う事も可能。掃除するも良し、飾っておくも良し、十人十色の楽しみ方が出来ますね。
オープン当初から販売されていた「仕込竹箒」は、某ホームページで紹介されるなりブレイク! すべて店員さんの手作業で仕込まれている為、生産が追いつかない程人気になっているそうです! ちなみにお値段は9200円。箒として高いですが、仕込竹箒としてはお手軽な価格です。
果たして「仕込竹箒」は、新たな一大ムーブメントを巻き起こすのか? また『武装商店』さんでは、他にも様々な仕込みアイテムを販売してますので、興味がある方はホームページを覗いて見て下さい。~

記事全文はコチラ

私も模造刀って大好き!!
もともとカツシンが好きでね~~☆
ホラ、座頭市で使ってたでしょ?!杖のやつ。
マジ、秋葉風に言えば萌え~ですわ。
この年齢で勝新が好きっていうと珍しがられるけど、あのワイルドさがたまらない訳。
たけしの座頭市よりも数倍好きです。
という事で勝新太郎のサークルをそのうちウィルポートで作ります。
あっやっぱりつくりません。私一人で妄想します♪
[PR]
by black_mermaid | 2006-03-30 20:19 | その他のニュースのアソコ
~アルコール中毒で失業中の男性が、妻が夕食に肉を出すのを拒否したことをきっかけに焼身自殺してしまった。
日曜日にインド警察が発表したところによれば、ミザイラル・ラム・サンジヴァンさん(60)は、グジャラット州のアーメダバートにあるワンルームの自宅の外で、引火性の液体を自分の体にかけて火をつけた。
サンジヴァンさんはもう何年も働いていなかった。ある日、妻のジータ・サンジヴァンさん(54)と夕食の献立をめぐって取っ組み合いの喧嘩になった。彼女は金銭的な余裕がないことを理由に、肉料理をつくるのを拒否した。
サンジヴァンさんはむしゃくしゃして妻を家に閉じこめ、外に出て自分に火をつけた。~

記事はコチラ

そんなにお肉が食べたかったのか。。。
いや、きっとそうぢゃない。ワガママが通らなかったのが気に食わなかったんだ!
よくいるよね、怒りの出す場所が自虐的な人って。
友達の彼氏は怒るとガラスのコップをガリガリと食べてしまうらしい。
それでも彼は今も元気に生きています。ガッちゃんか?!
そして、ウィルポート友達に聞いたのですが、アメリカでもこういった事件があったみたい。
ハーレーに乗るのが死ぬほど好きだったおじさんがいて、州の法律が変わりヘルメットの着用が義務になったら
「ハーレー乗るのにヘルメットなんて、、、かぶりたくない!!!」って事で自殺しちゃった人もいたらしいです。
命をかけてる人は強い!でも死んだらなんにもならんよ。。。(+。+)
[PR]
by black_mermaid | 2006-03-29 22:09 | オカルト系ニュースのアソコ
~ドイツのホテルで宿泊客の体重で宿泊代を決める制度をスタートしたことが発表された。
ドイツの北部ノルデンにあるオストフライスラント・ホテルの経営者であるヘックロット氏はひっきりなしに太った客がチェックインするのをみかね、客にもっと痩せて健康になってもらうきっかけにしてもらおうと体重による課金制を考え付いたという。
価格は1キロで0.5ユーロ(70円)で、ホテルに設置された体重計に乗ってもらって実際に客の体重を計るのだとか。ヘックロット氏は「健康なお客様は長生きしますから、また当ホテルに宿泊していただける回数も多いということです」と話す。
しかし、人前で体重計に乗るのが嫌な人は乗らなくても良い。その場合は通常の料金でチェックインすることになり、「スリム・ディスカウント」の恩恵は受けられないことになるとのこと。ホテルはちゃんとした三ツ星ホテルだ。
しかも驚くことに、ほとんどの客は前回チェックインしたときより痩せてまたホテルにやってくるのだという。~

記事の全文はコチラ

日本はこういう事しないだろうな~、みんな痩せてるから。
確かにアメリカに行った時にまわりを見渡すと太った人ばっかり!!
外国版SNSのマイスペにもその率は多い。
女性じゃ18歳くらいを境にアゴが二重になり、お尻が増幅しはじめ、肥えてゆく傾向になるもんね。
かわいいのは十台までだな。
外国人の男性はふくよかな外見は全然OKっぽくて、象さんのような女性にも素敵な彼氏がいたりするのをよく見てた。
日本だとあそこまで太っていたら彼氏は出来ないと思うの。
だから自分の体型に甘くなるんだね。。。
今計算したら私の体重だとこのホテルには3000円位で泊まれるの。激安でビックリ!!
日本人の女性がたくさん行ったらこのホテルは大赤字だと思うよ。
実際にウィルポート見ててもデブ率低いもん。
痩せすぎもどうかと思うが、太りすぎは危険だぞって言いたい。
[PR]
by black_mermaid | 2006-03-28 19:04 | その他のニュースのアソコ
~ソルトレークシティのデザイナーが今年の春のファッションとして発表したのがゴキブリのブローチ、略して「コックブローチ(嘘)」だ。ゴキブリ型のブローチといった生やさしいものではない。
ゴキブリの胸部にジュエリーを貼り付けた動くブローチだ。
ヒモつきで胸の上を這い回るようにできている。
店頭では40ドル、オンラインでは80ドル。羽をむしってあるようにも見えるが、そういう種類のゴキブリであることを願いたい。
そしてこちらがゴキブローチを発表した「ブラック・シャンデリア」のサイト
(http://www.blackchandelier.biz/servlet/the-121/Giant-Madagascar-Hissing-Cockraoch/Detail)。
ご興味のある向きはどうぞ。~

記事はコチラ

いやいやいや。。。
いくらなんでもゴキブリは嫌だ!!
流行ってたまに無理やり作るでしょ。
今少し流行ってる(!?)昔風のカチューシャのつけ方。(前髪は残して・・・みたいなやつね。)
あれもどうかと思うし。
多分ソフトなロリータ感を出しているんだろうケド。
SNSのトップ画像などにも流行に乗ってますアピールだかなんだかそういう写真にしてる人もいるね。
このお方達もさすがにゴキブローチはしないでしょ。。。
さ、私もウィルポートの写真をカチューシャつけてるのにするかな!!
( ; ゚Д゚)
[PR]
by black_mermaid | 2006-03-27 20:14 | オカルト系ニュースのアソコ
~今週金曜に刊行された医学論文誌によれば、近年、女性の間で、性的快感が日常的に持続するという新たな症状が報告され、本格的な研究が開始されるとのこと。発表を行った英王立医学協会医師のデヴィッド・ゴールドメイヤー博士によれば、この症状はよく知られる冷感症(不感症)とはまるで対照的に、性的興奮が全くない状況にも関わらず、性的な快感が持続するというもので、持続性性喚起症候群(persistent sexual arousal syndrome / 以下PSAS)と呼ばれるという。PSASは、特に女性が長期的に性欲を欠いた状態が続いた際に発症しやすいと、博士は論文で記している。
=中略=
「今のところ治療方法はありません。でも最近は人前で(オルガスムに達した事を)隠すのは上手くなりました。これまでで一番恥ずかしかった経験は、去年、スーパーマーケットで店員の男性と話しをしていた時のことです。彼と話をしているとき、突然、私は快感を感じ始めたので、彼からそれとなく離れようとしたんです。しかし、彼がなかなか私から離れようとしないんですね。そして結局、彼の目の前でイッてしまいまったんです。その時は彼の顔を見ることが出来ませんでした。」~

記事の全文はコチラ

この病気の人って実際にHしてる時ってどうなんだろう。
何も無い時に感じているのと同じように感じるんだろうか。。。
女という生き物は(男性の事は分からないけど)心で感じるっていう要素が大半だからこういう病気的なものが起こるのかな?
最後のエピソード、すごいよね。
まさか突然昇天してしまうなんて思わないものね。
日本にもこういう人いるのかなぁ?
もしかしたらウィルポートにもいるかもしれないよね。
意外と世間ってせまいもの。
逝けない人と逝きすぎる人、どちらかにしかなれないとしたら貴方ならどっちを選ぶ?
[PR]
by black_mermaid | 2006-03-24 18:35 | オカルト系ニュースのアソコ
~オリンピックの金メダリストが財布をひったくられ、犯人を追ったが犯人に追いつくことができなかった。
ルーマニアの1,500m走ヨーロッパ記録保持者ドリナ・メリンテさんはブカレスト郊外のガソリンスタンドでひったくりにあった。
彼女が土地を買う頭金だった約340万円入りの財布を3人の若者が奪って逃げたのだ。
1984年のロサンゼルスオリンピック800m走で金メダル、1,500m走で銀メダルを獲得した彼女は彼らを追ったが、
1kmほど追ったところで彼らを見失った。警察は犯人を特定済みで現在追跡中だという。(Ananova)
まあメリンテさんも現在49歳ということでそう不名誉なことではないのでしょうが~

記事はコチラ

あらあら、不名誉な事では無いとしても金メダリストとしてはプライドが、、、って感じよね。。。
犯人もまさか相手が金メダリストだって思わなかったんじゃない?
こういう時に出る人間のパワーはまさに火事場の馬鹿力ってやつで
もしかしたらオリンピック以上の記録が稀に出ているのかもしれないですね。
そう考えるとウィルポートにだってオリンピック選手以上の人がいるのかもしれない!!
[PR]
by black_mermaid | 2006-03-23 00:59 | その他のニュースのアソコ
~ジェームズ・マクガウ博士は、世界屈指の記憶機能研究者である。しかしここ数年、氏はこれまで遭遇したことのない、全く新しいタイプの記憶能力保有者と出会い、頭を抱えているという。マクガウ博士がその女性を知ったのは今から6年前のことである。AJとのみ名乗ったその女性は、博士にあてた最初の手紙の中で、あたかも”走馬燈のように”これまでの人生全ての日々が、頭の中を駆けめぐり続けるという、到底信じがたい話を綴っていた。”ノン・ストップの、コントロール不可能な記憶の想起で完全に疲弊しました。自分の全人生が毎日頭の中で反芻され、狂ってしまいそうなんです。”そして彼女は、博士に助けを求めたのである。
無論、当初、マクガウ博士は他の”優れた”科学者達と同様、彼女の話に極めて懐疑的であった。それは言わば当然の態度である。しかし五年に及ぶ調査を経て、現在、博士はもはや彼女の能力を疑うことは出来ないと断言する。「これは本物です。」
=中略=
「また例えばある時、我々は五年に渡る過去の調査のうち、何月何日に彼女にインタビューを行ったか、それを答えてください、と彼女に問うたんです。すると彼女はまるでフィルムを巻き戻すように、何月何日、その次は何日、と簡単に答えていくわけです。」~

記事全文はコチラ

これは記事のほんの一部ですが(長かったので)とっても興味深いものでした。
もし日付という概念が彼女に無かったとしたらどういう方法でものを覚えて、どういう方法で人に伝えるのか。
記憶力の乏しい私にとっては羨ましいような感じに思えるのですが、こういうのを読むと人間の潜在能力が未知だって
とっても思い知らされます。
ほんの一部も使っていないような私の脳みそ。
ニンテンドーDSもすぐ飽きて脳年齢も50代。
手帳でスケジュールを確認しないと予定も覚えていられない、そんな子です。。。うん。。。
この人にとってはそういう普通の(←普通以下?!)事が羨ましいのかな。
もしもウィルポートで遊んでたりしていたら他人の日記を読んでその人がこの日にコレをしたって
いうことが全部記憶にのこっちゃうんだ。
いい事も悪い事も普通の事も。
私の乏しい記憶能力でさえ忘れたいって思う事がある位なのに。
[PR]
by black_mermaid | 2006-03-22 20:14 | オカルト系ニュースのアソコ
~先々月より、子猫を踏み殺す残虐な動画で、中国全土で話題となった黒いドレスの女が、地元の政府関係ウェブサイトを通じて、公式に謝罪したとのこと。素性を明らかにした王珠(Wang Jue)の語るところによれば、彼女は数ヶ月前に夫と離婚し、娘と二人暮らしの中で茫然自失の状態にあったことから、残虐行為に走ったことを認めたという。またワンと共にビデオを制作したプロデューサー、カメラマンらの名前、職業(黒龍省蘿北県のローカル・テレビ局員)も明らかにされ、事件の発覚後、彼等三人は全員職を追われている。
ワンは今回の事件を巡って、彼女の行為が親族や娘を傷つけ、迷惑をかけたことを深く後悔していると謝罪文で語っている。しかし、ネットやメディアからは、”身の上話を使って同情を誘う作戦に出たのではないか”といった批判や、何らかの刑罰を求める声が依然強いという。現在、中国では動物虐待を裁く法はないため、今後彼等三人に何らかの刑罰が下されるかどうかは、まだ明らかではないとのこと~

記事はコチラ

いや、いや。
許されないでしょ。。。
この記事、犯人がわからない段階の時にUPしたけどまだ怒りは激しいよ。
むかつくわ、この女!!私がハイヒールで踏み潰してやる!!!
中国でも顔が知れちゃってるからウカウカ外も歩けないでしょうね。
その位あたりまえでしょ、っていうか本当に裁くべきだと思う。
この映像を見た人や聞いた人の心はとても悲しい気持ちになるもの。
こいつのせいで悲しい気持ちになった人が世界に何人いると思ってるの??
絶対に処罰を受けるべき!!!
ソーシャルネットワーク(SNS)とか使ったりなんでもいいから署名活動でもして是非実行されることを願います。
そしたら私もウィルポートのブログに書いてリンクとばします。全面協力体制です!!
[PR]
by black_mermaid | 2006-03-20 19:21 | オカルト系ニュースのアソコ
~ロシアで間違えてアダルト映画のオーディションを受けてしまって、ポルノ男優になった75歳のおじいちゃんが大人気なのだそうだ。
75歳のデビッド・ボズドガノフさんはアダルト映画を制作するゴロツキー・プロダクションのオーディションを受けたが、実はポルノ男優募集の告知を、筋肉自慢のマッスル・マン・ショーの出演者募集の広告だと勘違いしたのだった。
アレクサンダー監督は「新しい映画の俳優のオーディションをしていたのですが、若い男女がベッドシーンの演技シュミレーションをしている後ろに、おじいさんが立っているのがわかったんです。
もちろん私はおじいさんにご遠慮願おうと声をかけようかと思ったのですが、筋肉隆々の体つきをみて、これはまさに独特のキャスティングだ!とひらめいたんです」と話す。
監督のアイデアは見事に的中し、その後デビッドさんを起用した映画はすべて大ヒットしている。
骨関節症をわずらっている75歳のデビッドさんの代表作は「となりのお爺さん」「作業中の便利屋さん」などだが、デビッドさんにはひとつ問題が。
監督曰く「デビッドの共演女優はみな、文句を言うんです。というのも、デビッドは滋養強壮にニンニクがきくと信じていて、ベッドシーンの直前に”自分のモノ”にニンニクをこすりつけるので、臭くてたまらないって言うんですよ」と話している。~

記事はコチラ

ほらほら、面白いニュースですよぉ!
是非そのお元気おじいちゃんの御顔を拝見してみたいわ!
SNSとかで画像UPされていなかなぁ??
まぁ、私も今日町を歩いていたら急におじいさん(80歳位のお方)が
「あそこおっきくなっちゃってるよ~」とかって訴えかけてきた人がいて
あの年でお元気だなって思いました。
それよりも早くウィルポートしたかったのです★
[PR]
by black_mermaid | 2006-03-18 04:07 | オカルト系ニュースのアソコ