ボディピアスいっぱい娘☆不思議な事や珍しい事や物が大好きな私が普段気になっていてもナカナカ知れない事、人体改造・音楽の情報・奇怪な面白いニュース等をご紹介していきます。


by black_mermaid
~中国の外科医が世界初の陰茎移植手術に成功した。患者は今年、事故によって陰茎が修復不可能なまでに傷んだ男性で、1cmほどの切り株状の陰茎の痕跡しか残っておらず、排尿や性交もできない状態だった。広州総合病院のWeilie Hu医師は20代の脳死した男性の両親の了解を得て、彼の約10cmの性器を15時間かけてこの44歳の男性に継ぎ合わせた。
 この手術は来月のEuropean Urology誌のケーススタディでも紹介されるが、移植手術に大きな飛躍をもたらした。この手術では神経や細い血管をつなぎ合わせる複雑な超微細手術が必要とされたのだ。
 外科医師団は手術は成功だと発表した。10日後の検査では陰茎には十分な血液が供給され、男性も正常に排尿できるようになった。この医師団は以前ひどい事故にあった男性の陰茎の接合に成功している。しかし今回の手術では初めて他人の性器の接合に成功した。
 外科的には今回の手術は成功だったが、彼らは2週間後に陰茎を切り離さなければならなかったという。「患者とその奥さんに深刻な心理的問題が現れたため、残念ながら陰茎を切り離さざるを得ませんでした。」とHu医師は語る。検査では肉体的には何の拒否反応も現れていなかった。~


記事の続きはこちら


患者とその奥さんに深刻な心理的問題が、、ってなにがあったんだろう。
ここまで記事にしたらそこんとこも聞きたいよね。
さすがに今回の記事をウィルポートのブログで報告したら怪しさ満載だから聞けないなぁ。
私の浅はかな予想だといくら移植したとはいえ他人のモノだから嫌だ、とかかな。
・・・・・そんな簡単な事ぢゃないよね(~_~;)
[PR]
# by black_mermaid | 2006-09-21 15:07 | オカルト系ニュースのアソコ
~1666年のロンドン大火のあと、奇妙な話が人々の間でささやかれ始めた。テームズ川の上を天使が飛んでいるのを見たという人々が現れたのだ。やがて目撃例はなくなりこの伝説も消えた、しかし第一次世界大戦の期間に天使は再び現れ、第二次世界大戦でも再び同じ噂が流れた。いずれの時も目撃の回数は6回であり、多くの人はロンドン大火で亡くなった人数を意味していると考えている(注:ロンドン大火はその規模に比べ死者は6名と極めて少なかったといわれている)。
 そして今年に入ってロンドン・アイ(観覧車)近くで天使を見たという者が4人現れ、ウェブ上では熱狂的な人々も増えてきている。
 シーン在住の学生、ジェマイマ・ウォーターハウスさん(16)は5月、友達に会いにテームズ南岸を歩いている時天使を目撃した。彼女は「体中に安らぎがひろがっていきました。」と語る。「和みと親しみ、ある種の平和な感覚がしばらく続きました。」「言葉にするのはとても難しいです。心の平穏と言えば伝わるでしょうか。」
 彼女はすぐさま携帯でクイーン・メリー水上レストラン近くに浮かんでいる「天使」を写したが、画質がよくなかったという。
 「友人は信じませんでしたが、その夜画像をコンピュータに移して画像をクリアにすると、天使のような輪郭がはっきりしてきて、ようやく信じるようになりました。」~

記事の続きと関連サイトはこちら

記事の最後に関連サイトのリンクが貼ってあったので見てみた。
そのサイトには天使?!がぼやっと写った写真が載ってたんだけど(上から2番目の写真ね)
左側の女性の股間から何かがはえていてそっちの方が気になります。。。
天使、居たらいいよね。
記事のラストの方に。「船の蒸気でつくりだされた幻影などいくつかの可能性が考えられます。」っていってる人がいたけど
信じている人が幸せならそれでいいよね(*^o^*)
私はどちらかというと天使よりも悪魔よりだけど、実は天使さんも好き!!
ウィルポートでだれか天使系サークル作ったら入るのに☆
[PR]
# by black_mermaid | 2006-09-19 19:54 | オカルト系ニュースのアソコ
~ライスと名乗るパン。これは試してみるしかないっしょ。さっそくネットで注文、トライしてみた。
届いたそれは、やはりパン。いや、どちらかというとパウンドケーキ。ずしりとかなり重量感がある。パッケージには、「日本の新しい主食」という文字が目に入る。同封されていた指示どおり、さっそくスライスして軽くトーストしてみた。トースターから取り出すと、ふんわりとしたにおいが漂う。なんとなく甘めのこのにおいは……お米の炊けたにおいじゃないか!! そう、「ラブライス」はお米からできたパン型の食品なのだ。米粉100%、小麦粉を一切使用していないらしい。
食感は独特のモチモチ感が特徴的。ほのかな甘みがあっさりとしていて、とっても食べやすい。よくかんでいると確かにお米の味が……。
これは新しい! さっそく製造元に取材を試みた。
ラブライスを開発したのは山形県にある株式会社パウダーテクノコーポレーション。代表の東野さんによると、もともと、日本の食の自給率を上げるためにも自給率100%の米をもっと食べてほしいという想いから、炊く手間が省け、手軽に食べられる米粉100%のパンを作ることを思いついたという。開発当初、グルテンが無い米は小麦と同じようには膨らまないのが現状だったが、工学のプラスチック発泡成形の技術によりその壁を突破、米粉100%でも膨らますことに成功。開発には大変な苦労があったことがうかがえる。
米粉のパンは小麦のパンに比べてカロリーが低めで腹持ちが良く、その上消化がいいと、まさにいいことだらけ。~

記事の続きと写真はこちら

ご飯派?パン派?麺派?
この質問は通用しなくなるのね。
答えとしては“食感と形はパンで味や栄養素はご飯”派。という事になります。
新しいもの好きの食いしん坊が私以外にも居るはず。
こりゃウィルポートで同志を集って味見会でも開きたいですなぁ。
[PR]
# by black_mermaid | 2006-09-15 17:17 | その他のニュースのアソコ
~ブラジルはベロオリゾンテ在住のクラウディオ・ピントさん(48)は、目玉を飛び出させる能力でギネスブックに載ることを夢見ている。
 Terra Noticias Populares紙によれば、ピントさんは目玉を飛び出させる能力でショーなどに出演、生計を立てているという。彼は眼窩から目玉の95%を飛び出させることができるといい、彼をいろいろ検査した医者はこれほど目玉が飛び出る例を知らないとしている。彼は「お金を稼ぐ一番簡単な方法だよ。両目を1cmも飛び出させられる能力は神様の贈り物さ。感謝してるよ。」と言っている。~

記事と写真へのリンクはこちら

この技やる人何度か見てるけど出してる最中にくしゃみとかしたら飛び出てしまいそうだよね。
なんでこんな事が出来るんだろう。
目の開いてるスペースがおっきいのかな?!
目のとっても大きな人はウィルポートにいる友達にも数人いるから
この技もしかしたら出来るようになるかもしれないね!
[PR]
# by black_mermaid | 2006-09-14 19:12 | オカルト系ニュースのアソコ
~第2子を妊娠していたブリトニー・スピアーズが、出産したと伝えられている。現時点で、ブリトニー側からの正式な発表はないが、9月12日午前2時ごろに、男児を出産したと関係者が話しているという。
長男のショーン・プレストン君はサンタモニカのUCLAで出産したブリトニーだが、今回はジュリア・ロバーツやグウェン・ステファニーが子どもを出産したビバリーヒルズのシーダーサイナイ病院で6パウンド11オンス(3040g)の男の子だったという。
出産は計画帝王切開で、11日に夫ケヴィンがブリトニーを連れて病院に訪れ、手術に備えたという。出産に立ち会ったのは、他にブリトニーの母と妹だった。
2004年に「マイ・プリロガティヴ 」を発表してからアーティストとしての活動はしていないブリトニーの今回の出産をめぐっては、出産のための入院の予約を数日前にしていたといった噂や、赤ちゃんのお祝い用プレゼントレジストリーにピンク色の小物が多く含まれていたことから、「女の子では?」の噂がたっていた。
また、長男のショーン君は今週木曜日の14日に1歳の誕生日を迎えるが、ブリトニーは次男もショーン君と同じ誕生日に出産したかったが、ケヴィンが「子どもに同じ誕生日になって欲しくない」の意見から、別の日にしたとも言われている。
また、9月18日はブリトニーケヴィンの結婚記念日で、今年で2周年を迎える。~

記事はこちら

おめでたいね♪
ぶりちゃんは色々な噂が立っているけど母として頑張ってるんぢゃ無いかな?!
そりゃ見た目はもうあの頃とは程遠いけど、子供っていう宝物ができて幸せですね。
私もウィルポートの友達でも全盛期のブリちゃんが好きな人がいるけど
その人的にはどうなんだろう。
そのままで居てほしかったかな?それともこういう形でも幸せになってくれたら嬉しいのか。
なんだか好きな人の幸せを願う乙女心のように複雑なのかもしれないですね。
[PR]
# by black_mermaid | 2006-09-13 16:03 | オカルト系ニュースのアソコ
~イタリアの保健省職員たちが、20年以上にわたってアパートから出たことがなかった女性を病院に連れ出した。彼らはあまりの悪臭に呼吸装置をつけなければならなかったそうだ。
新聞の報道によれば、この女性、カーメラさんの年齢は50代後半。体重は30キロ、髪の毛の長さは2メートルあったそうだ。
ローマの200キロ北東の街マチェラータの消防士と保健省職員たちが彼女のアパートに赴いたとき、窓は粘着テープとシャッターで完全に閉められていた。
26年前のインフルエンザを非常に恐れたカーメラさんは、家にこもることで細菌から自分を守ろうとした。
彼女の兄弟アダモさんが、家のドアの前まで缶詰の食糧を届けていたが、近日中に入院の予定があってそれを続けることができないと警察に話したのがきっかけで、彼女の苦境は当局に知られることとなった。
『ラ・リパブリカ』紙によれば、彼は10年間カーメラさんを見ていなかったそうだ。
カーメラさんはいつもドアの向こうから叫んで、隣人たちに自分の意志を伝えていた。
「踊り場の窓を閉めて!」とだけ。~

記事はこちら

21年間って言ったらもう時代の遅れすらあるくらいでしょ。
携帯も普及していないし、物価も違うだろうし。
引きこもりもここまで来ればアッパレですね。
インターネットとかはやっていたのだろうか?
あっ、でもパソコンも今の様に普及してないだろうし無理か。
SNSやらウィルポートの存在も何がなんだかわからないんだろうね。
私が思うには麻薬中毒かと(~_~;)
[PR]
# by black_mermaid | 2006-09-12 09:42 | オカルト系ニュースのアソコ
~スロバキアはレビツェの街でバスに衝突した車のドライバーを救出しようとした救急隊は驚いた。ドライバーは下半身裸で、ちんこに真空ポンプが吸い付いた姿で気を失っていたのである。警察によればシトロエンに乗ったこの男(42)はバスに道を譲るようにという標識を見落としていたらしい。「彼は運転中自慰をしていたものと思われ、捜査の対象となります。事故の後彼はシートに身を沈め、パンツを脱ぎ股間にポンプがついていました。」警察官のPeter Polak氏はロイター通信に語った。「こんな事故は私も同僚も見たことがありません。」男性は頭に怪我を負って病院に運ばれた。~

記事はこちら

自慰をする事自体は犯罪ぢゃないけど、事故ってこの姿っていうのは本人も非常に恥ずかしいんじゃないんでしょうか?
私も中学生の時に車乗ってる男性に道を聞かれてね、その人は扉ごと開けて道を尋ねてくるわけですよ。
窓だけで十分なのに変でしょ?!
そしたら自慰行為をしながらなの。中学生相手によ?!?!
ムカついて文句を言おうとしたら友達はソレに気付かず一生懸命に道を説明してるわけ。
気付かないって幸せな時もあるんだね。
その子とっても面白いからウィルポートに誘おうかなって思ってるんだ!!
[PR]
# by black_mermaid | 2006-09-12 09:38 | オカルト系ニュースのアソコ
~9月5日、マレーシアのクアラルンプール東200kmの道路上で、6mのヘビが妊娠したヒツジをまるごと飲みこんで動けなくなっているのが見つかった。消防士は難なくヘビをつかまえることができたという。
 元記事に画像あり。何の生き物だかわからない形になってる。~

記事&写真へのリンクはこちら

結構いるのね~アフォな蛇ちゃんが。。。
思わず笑ってしまったよ。表情?!が面白いんだもん。
この間もワニを丸呑みしちゃって破裂してしまった蛇がいたけど今回は生きているのね!!
私以外にもウィルポートに蛇好きのお友達がいるんだけどきっとこのニュースみたら笑うだろうなぁ。
[PR]
# by black_mermaid | 2006-09-09 03:12 | オカルト系ニュースのアソコ
~ニュージーランドのテ・ウクで4本足のヒヨコが生まれた。ライアン・ディッキー君(10)は自宅の孵卵器で4本足のヒヨコが歩き回っているのを発見した。母親のマレーネさんは14種類のニワトリを飼育しているが4本足のヒヨコは初めてだという。
 このヒヨコはオランダ産バーネベルダー種で、マレーネさん同様他のヒヨコも4本足のヒヨコを問題なく受け入れているという。「とてもじょうぶにみえます。」とマレーネさんは語っている。
 このヒヨコは後ろの2本の足を使って歩くといい、同家ではペットとして飼うことに決めたという。~

記事&写真へのリンクはこちら

写真見てみた??
なんだかちゃんと前の足も使えそうな感じではない??
この写真可愛いからウィルポートとかのTOPに使えるかも~~!!
今みんなアバター機能使ってるから目立つかも★
奇形も人間ぢゃなくヒヨコだったら重宝されるのにね。
[PR]
# by black_mermaid | 2006-09-09 03:08 | オカルト系ニュースのアソコ

犬が運転教習中に事故る

~中国内モンゴル自治区で飼い犬に車の運転を教えていた女性が、いや犬が? 交通事故を起こした。自損事故でけが人は出ていないという。女性はこの犬が「車のハンドル部分に座り込むのが好きで、女性が運転しているところをよく見ていた」ため、そろそろ教え時だと考えたらしい。女性がアクセルとブレーキを担当、犬がハンドルを握って? いた。うまくいけば犬に送り迎えしてもらえたのに、残念なことである。~

記事はこちら

親バカっぷりもここまで行ったら尋常ぢゃないな。
わかるよ、わかる!
自分とこの子が可愛いのはわかる!
自分とこの子は普通の犬なんかとは違い頭がいいのだと思う気持ちはわかる。
地球の人口からしたら本当に少しの人間が集まるウィルポートでさえそういうお方は沢山いる。
私ももしかしたらその一人かもしれない。
しかしだよ
いくら頭がいいにしろ所詮ニクキュウ、自動車の運転など出来やしない事位は分かるはず。
だってハンドルが人間仕様に出来ているんだものね。
[PR]
# by black_mermaid | 2006-09-06 17:17 | その他のニュースのアソコ